マッサージクッション「ルルド」の使用感

子供の一歳の誕生日に県外に住む友人からプレゼントが届きました。その中身がマッサージクッション「ルルド」でした。
子供の誕生日に子供服などではなく母である私が使える物をプレゼントしてくれた事に「子育てお疲れ様!」というねぎらいが感じられて感動しました。
確かにその頃の私は赤ちゃんのおんぶと抱っこで首から肩甲骨周りがこっていて、マッサージが必要な体でした。友人がマッサージクッションという品物を選んでくれたのも、さすが子育て経験者、と感心しました。
ソファに座って背中上部とソファの背もたれにルルドを挟んで使用してみました。位置を微調整しながら肩甲骨外周に当てようとしたのですが、揉み玉が一定範囲ですがぐるぐる動くため固い揉み玉が肩甲骨の上に乗ってしまいけっこう痛みが強いです。主人の指でのマッサージの代わりにはならなかったのを主人は残念がっていました。主人は私の背中マッサージで指が疲れるんのであまりやりたくない様です。ルルドには相当期待していたみたいで、私が「指で押してもらった方が気持ちいいから引き続きお願いね」と言うとがっかりしていました。
マッサージクッションやマッサージ機を自分で購入しようと考えたことはありませんでしたが、友達からもらったルルドがきっかけでマッサージ機の購入を考える様になりました。
私の希望しているマッサージは肩甲骨周りのあるポイントを強く押すものなので、ルルドのように揉み玉がぐるぐる動くものではなく、一点で突く動作をするマッサージ機を使用すればいいのかもしれません。

ホームに戻る